ドネイションというチャレンジ@シャロムヒュッテ

こんにちは。

 

〜わたしに還るyoga~の山崎大です。

 

今回も引き続き、2月10、11、12日に開催される

「スピリチュアル断食合宿@シャロムヒュッテ」

について綴らせていただきます。

 

前回に引き続き、今回も多くの方にお申し込みいただき満員御礼となりました。

あと2名さまのみ増員可能となりましたので、ご興味をお持ちでいらっしゃる方、下記フォームよりご登録ください。

先着順で受けさせていただきます。

 

スピリチュアル断食合宿@シャロムヒュッテ「わたしに戻り、その魅力に魅せられよう」

↑お申し込みフォーム

 

 

尚、こちらの合宿では、「ドネイション制(それぞれがお値段をお決めいただく方法)」を取らせていただいております。

奪い合いのエネルギーでは継続不可能であり、調和と信頼がこのようなシステムを成り立たせます。

 

キャンセル料発生という方法も用いない背景には、

「ご参加される方々個々の、言葉と行動の一致」そしてそれらがゆくゆくは「自己信頼感」つまりは「自信」に繋がることであることを念頭に置いての取り組みです。

 

 

キャンセル料が発生するから参加する。

 

 

確かなことです。

 

 

ですが、それでは本当に決定権を持つものが「わたし」ではなく「お金」になります。

 

お金>わたしの意志(想い)

これが、今の社会全体に巡っている「わたしが自由にならない構造」の核となっていると感じます。

インド、カルカッタでの光景↑

 

核であるからこそ、お金の話はタブーとされることも多いです。

 

 

日本をはじめ、先進各国では、「定価」という概念が定着しています。

これはあくまでも概念であり、この概念がない国では、「交渉」により値段が決まります。

 

定価とは、交渉ののちに定まって来た大体の価値であり、決まっていた方が、取引がスムーズなのは言うまでもなく、

先進諸国と呼ばれる国々は経済的に強く、それは定価が定まっているからでもあると言えると思います。

 

 

 

「騙された!」

 

とアジア等を旅していると耳にしますが、本当に騙されることもありますが、話を聞いていると「概念の違い」であることも多くあります。

 

 

 

その人が、どう感じ、どれだけの価値だと思うのか。

それが、他人より高かったり安かったり・・

それは自然なことです。

 

他人と比べ出すと、定価に慣れているほど「騙された!」となりますが、本来価値とは個々に依存しているものです。

 

 

「わたしが、どう感じたのか」

 

 

それをもう一度、「ドネイション(それぞれが値段を決める)」という仕組みで感じてみる。

 

 

 

人は皆、違います。

 

空間を伴にしても、同じ人と出会っても。

 

違うものを見て、違うものを感じています。

 

お金にフォーカスした場合も、持っている量、そこに、どれだけの価値を置いているのかも。

 

皆、違います。

 

 

 

ドネイションは、安くもなければ高くもありません。

その人が、その時、感じた分を、自分で決めます。

 

 

「ドネイションは、迷うし困る。」

 

そんな声も、いただきます。

 

 

 

迷う時、「内側の声」がそこにあります。

 

内側の声。

 

一つではない、内側の声。

 

だから、迷います。

 

そこを、汲み取ってゆく行為。

 

それは、自分に向き合うことであり、本音を知る機会でもあります。

 

 

お迷いいただき、本音で決めていただけたらと感じます。

 

 

ドネイション制。

 

その方法は、行う側としても挑戦となります。

 

お金を頂いているから奉仕する。

それは、今の仕組みからいえば正論ですが、どこかに寂しさが漂います。

 

 

 

わたしたちは、人間という生命。

 

より円滑に、豊かに。

 

それを手助けしてくれる、お金という人間が作り出した知恵。

 

 

 

同時に。

お金は、紙。

 

どれだけの国を旅しようと、決まってお金は紙でした。

 

 

集め、大事そうに数える大人たち。

 

差し出すことで、新しい服が手に入る事実。

 

皆、疑いなく、その紙を信じている。

 

信じるというエネルギー。

 

その力が、人を、物を動かし、この社会が回っている。

 

お金は、物理的には紙。

けれど、そこには「力」が載せてある。

 

 

力(エネルギー)の載せた紙。

 

 

お金とは、半物質であり半エネルギー。

 

 

 

 

エネルギーの循環。

 

 

 

人と人が、出会う。

 

間に流れる、空気。

 

伝わってゆく、想い。

 

 

そこには、目には見えませんがエネルギーが循環していると感じます。

 

 

お金>わたしの意思(想い)

から

お金≒わたしの意思(想い)へ。

 

 

お金とそれぞれの想い(エネルギー)が同等に扱われ、

お金が蔑まれることも過剰に崇拝されることもなく、大切に丁寧に扱われてゆくこと。

 

 

 

ドネイション制。

 

 

内側の声と向き合うことで、お金と想いの調和を図ってゆける仕組み。

 

そう感じ、この方法を用いています。

 

 

より多くの利益を上げること。

現代は、そこにフォーカスしすぎました。

 

そんな現代から見たら、滑稽な取り組みなのかもしれません。

 

 

ですが、ここはシャロムヒュッテ。

 

 

 

 

 

 

 

本当のあなたでありさえすれば、

何を言おうと、どんな状態であろうと、全てを包み込む空間。

 

わたしが、わたしに戻れる場所。

 

夢が生まれ、語られ、実現してゆく場所。

 

 

夢物語。

 

綺麗事。

 

 

それが言えなくなる社会に、次世代を送り込むことはしない。

 

次世代とは、他ならぬ「わたし」であるのだから。

 

 

夢物語を、綺麗事を語り、実現してゆく。

 

 

現代のユートピア。

 

 

それが、シャロムヒュッテであると感じます。

 

 

今回の合宿は、獅子座の満月。

満月の力を借りた「満月デトックスワーク」も致します。

 

キーワードは、

「傲慢さ、プライド、自己中心」

それらを手放すことで、より本来の自分に戻ってゆける。

 

そんなワークとなります。

 

 

満月まであと10日ほど。

ご自身の手放したい想いや感情、エネルギーに目を向けて、断食をお迎えいただくのも良いと感じます。

 

 

長くなりましたが、今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたにお会いできることを、楽しみにしています。

 

合宿お申し込みフォーム

↑よりお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

2件のコメント

    1. 松家洋子さま

      コメントいただき、ありがとうございます。
      こちらの本棚、内容も面白いことになっています。
      ぜひ、遊びにいらしてください。
      暖炉の火で温まり、本を読みながら、広がる景色を眺める。
      いい時間になります。

松家 洋子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *