さあ、始まります。

みなさま、こんにちは。

安曇野イラムカラプテの大です。

積もっていた雪は大地に沈み、地中に染みる冷えた水を吸い込んだ生命が、大地を割るようにして芽吹いています。

春です。

いかがお過ごしでしょう?

色々が、変化しています。

コロナウィルスが広がりを見せ、
テレビニュースからは不安の波が振動しています。

世界が音を立て、軋み始めています。

この大変化の時代。

どう生きますか?

わたしが予想するしないにかかわらず、
今までの古くなった常識、価値観は早いスピードで崩れてゆくでしょう。

ここから、どう生きるのか。

それをお一人おひとりが選択する。

世界が事実を突きつけに来ています。

さあ、どう生きますか?

大変化の大切な今、ここでわたしの選択を綴らせていただきます。

その前に。

少し時間をください。

今、腰掛けていますか?

だとしたらその腰掛ける椅子は、誰のどんな心の動きが立ち現れ結晶化したものか分かりますか?

今、何を着ていますか?

その身にまとう衣服は、誰のどんな心の動きが具現化したものでしょう?

もしかしたらそれは、あなたに向けて手作りの品かもしれない。

そうだとしたら、あなたが座りいいように。
あなたがくつろげるように。
あなたに何年も共にいて欲しくて。

そんな心がいたるところに息づいているのかもしれません。

どこかで購入した製品であれば、

多くの人に受け入れられるように。
原価コストを下げ、利益を生むように。
上司の評価が得られるように。

もしかしたらそんな心が宿っているのかもしれません。

何が言いたいのか?

どんなものであれ、この世界の物事は、
わたしたちの心が結晶化した世界であるという事実。

コーヒーカップや椅子といった小さなものから。

暮らす街や自然環境といった大きな範囲も全て。

心の具現化であり結晶化。

環境といった大きなものは、集合化した心の現れとなり、一見心とは無関係に見えるかもしれない。

されど、それがあなたの目に、耳に情報として現実として入るなら、無関係ということは実はあり得ない。

このことを、どこまで引き受けますか?

世界が軋んでいます。

ウィルスが広がりを見せ、至る所で休校、閉鎖、都市封鎖。

今、暮らしがこれまでと変わった方も多くいらっしゃるでしょう。

この現実は、わたしたちのどのような心の現れですか?

本当に綺麗な海を、見たことはありますか?

世界中旅し、綺麗な海を探しました。

わたしたちが通常に行ける範囲には、本当に綺麗な海は今、ないのが事実です。

一見綺麗な海はあれどその中のサンゴは死んでいました。
または、辛うじて色を世界に灯していました。

それが、現実です。

海が汚れているという事実。

これは、どんな心の具現化でしょう?

一言で言うなら。

「自分には価値がない」という心。

自己攻撃、自虐の心。

もちろん複合的でしょう。
断定できるほど単純ではありません。

されど、その中核には「自分には価値がないという心」
が存在しています。

本当はやりたくないけれど、生活のために仕方なくやっていること。


ありますか?

とても極端な話。
その心が生み出す現実の果ては、戦争です。

もし、わたしに、あなたに確固とした自己存在の価値づけ、
つまりは自信があれば。

他人がどうあれ、大切だと氣がついたことは発言し、行動します。

情報がどうあれ、世間がどうあれ、自分にとって大切なことを守ります。



大権力にピストルを握らされ、
号令とともに強制されても、その引き金は決して引くことはないでしょう。

どんな脅しにも、決して屈しないでしょう。

それは、どんな状況においても、
不安を選択しないと呼ぶこともできます。

そんな人間が、いずれは自らの口に入る大切な水を。
汚す選択をすると思いますか?

海とは自然環境とは、実はわたし達そのものの姿です。

海が汚れているということは、わたし達が自己攻撃している、自虐性を持って生きている。嫌なことをし続けて生きている。ことの現れなのです。



日々の選択の結果が、現実を生みます。

選択とは、心の動きが始まりです。


大抵、選択を無意識に任せ自動操縦で生きているのが、
わたしたちの実際のところではあります。

無意識に、自己価値を否定し、自分の意見が言えず、
行動の選択に誰かの助言を求め、世間にとっての正しいを探す。


この心のあり方が、今の現実を紛れもなく創造しました。

わたしはこの事実を認め、ここから始めます。

コロナウィルスの広がりは、
本当の心に氣付き、本来の生き方がしたい
という無意識の心が具現化させた今に差し込む最大の援助と受け取ります。



現実は、紛れもなく心の結晶化。



ならば、心を見つめるところから一緒に始めませんか?

無意識に覆われた心こ領域を意識の光の中に照らし出し、現実の変化を深部から起こしましょう。

心の変化。

改心。

禊。

悔い改め。

どう呼んだとしても。

それ以外に、本当に現実を変化させる方法はないのですから。

心を見つめる。

それは、太古から瞑想と呼ばれ続いてきました。

瞑想が、心を見つめ現実を底から揺りうごかす鍵です。

現代に瞑想が、辛うじてでも残ってくれていたことにわたしは何にも増して最大に感謝します。

残そうと動いてくださった先人に、改めて感謝を捧げます。

イラムカラプテは、この春より
「瞑想センター」として振り切ります。

瞑想を始め、心を見つめ変化を促し、
より本来の生き方に戻りゆくリトリートやワークショップを歓迎します。

瞑想がしやすい体、環境。

それは、もちろん無農薬の食品であり、
化学物質を抑えた身の回りのものたち。
自然の中を循環する在り方。

そういった活動の持ち込み、商品の紹介歓迎いたします。

わたしたちに個人にできることは、限られています。

されど、渦となった時。

この世界は、歓喜に包まれる。

そんな日を見据え。

ここから始めます。

みなさま、どうぞ集ってください。
ご支援ください。
記事のシェア等も大切なご支援です。

ここ安曇野から、本当のわたしに還る。
世界を根底から本来の姿に変えてゆく。

ともに歩んでいただけたら、最高に心強く、喜びです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

イラムカラプテ代表 山崎大

イラムカラプテイベント情報

イラムカラプテ一年祭 〜アシリ・レラと伴に〜4月11日、12日


↑アイヌの末裔、アシリレラさんを北海道よりお呼びし、わたしのこれからを生きる仲間達と意識合わせの2日間。

スピリチュアル断食リトリート 5月4日〜6日 二泊三日

↑今年で4年目を迎える断食リトリート、2020年の初開催です。

人生、捨てたものではない。願いの扉を開く。

こんにちは。

イラムカラプテの大です。

12月に入り、初雪はあったものの今年はまだ暖かな日が続きます。

冬のイラムカラプテは、時々開催されるイベントでいらっしゃる方々をお泊めするゲストハウスとしての顔も保ちながら、シェアハウスの側面が強くなっています。

続きを読む →

どうせ生きるのだから。わたしがその舵を握る。旅をしよう。

こんにちは。

イラムカラプテの大です。

初雪がうっすらと積もり、目の前の草原が雪化粧を楽しんでいます。

いつにも増してべっぴんさんです。

先日、今季最後のスピリチュアル断食リトリートを終え、参加者の皆様がはれやかなお顔でイラムカラプテを後にして・・。

その後Facebook等で心境新たに動いている様子を拝見しながら、ほっと束の間の時間を楽しんでいます。

エココミュニティとして長年機能してきたシャロムヒュッテを引き継ぎ、イラムカラプテとコンセプト新たに動き出した今季。

本当に多くの方のご支援のおかげ様でやってきました。

関わってくださったお一人お一人に、感謝いたします。

本当に、ありがとうございました。

人生における真の充足、真の豊かさに向かいゆく場として。

これからも機能してゆきます。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

真の充足、真の豊かさ。

とても個人的なことですが、わたしの人生は年を追うごとに確実に豊かになっています。

1日を終える時に、今日も豊かだったなあ・・。

そんなつぶやきにも似た感覚と共に眠りに入ってゆくことが多くあります。

毎日毎日が、思いもよらない展開を見せ、そこで起こる出来事、出会いを楽しんでいます。

物質的にもかつてを思い返せば、十分すぎるほど豊かです。

わたしには、自分で命を絶とうとしたことがあります。

それから8年ほどの歳月が流れました。

今目の前にある豊かすぎるとも言える現実に、当時の記憶は霞んでしまうことも多くあります。

それでも事実、朝目を覚ましたときに。
真っ黒のペンキのような粘度のある液体が、未来のずっとずっと遠くまで塗り尽くされているかのような絶望感を味わった日々が確かにわたしにはありました。

いくら豊かさを日々体験しようと、暖かさに囲まれようと、絶望の日々こそがわたしを押し上げてきた始まりの場所です。

忘れたくない。
似たような状況にいる方がもしいるのなら、伝え続けたい。
当時の絶望の日々は、記憶となり物語の始まりの場所としてわたしの内側に黒い点のように残っています。

「自分の人生を、自分の選択で生きることができなかった結果。」
当時わたしは苦しくなりました。

自分の人生を、自分の手中に取り戻すまでの道のり。

それは平坦ではなく、道なき荒地をただひたすらに歩むかのように当時のわたしには感じられました。

この道は、行き止まりかもしれず。

続きゆく先は、断崖絶壁かもしれない。

でも、駄目なら。
そのまま倒れ消えゆくまで。

そんな投げやりな感覚も歩みの一歩一歩を助け、ゆき先の見えない道を歩み続けました。

ピンチと呼べる日々も、それなりに通過してきました。

そして今。

かつてとは比べもののない、豊かさと充足さと共に生活しています。

わたしは、これからもゆき先の見えない道を進みます。

ですが、安心感と共にです。

この安心感こそ。

わたしが欲しくてたまらなかった友達。

わたしは、不安だったのです。

誰もゆかぬ道を進むことが。

自分だけが馬鹿を見たら・・。
そんな惨めな思いを体験するくらいなら、自分の生き方なんて生きたくない。

そう思う一人でした。

安心できる道をリサーチし、探しました。

実際に安心だと思える道を歩んだこともあります。

でも、退屈でした。

悪くない道・・。

その悪くない道を歩み、結果死んでゆくことが、まるで罠にはまったかのように多くの人が抜け出せずにいる状況であることも知りました。

安心を友達にしたい方々へ。

これだけは言えること。

やりたいのなら。

現状から抜け出たいのなら。

不安への一歩を踏み出すこと。

道であるかも分からぬその先へ、一歩を踏み出すこと。

そして、一歩を重ね続けること。

そう、言うのは容易い。

行うとなると、足が震える。

そうした時、どうしたら一歩が踏み出せるのか。

その方法をわたしは持っています。

決して、目をつぶってバンジージャンプせよと言うつもりはありません。

バンジージャンプもそれなりにしてきまして、バンジーの紐が切れない事実も知っています。

ですが、一歩を踏み出すことがバンジージャンプであっては、多くの人にとって負担です。

その一歩を踏み出したい方へ。

踏み出せる確実な方法を瞑想という技法を用いお伝えします。

グループワークも普段から行なっていますが、より個別にセッションできたら、より精度を持って適切にアプローチできます。

一歩を踏み出す不安は、完全には消えません。
が、踏み出すことができ、続けることでいつの間にか、隣にいたはずの不安は安心へと変わっています。

そうして生きることへのより深い知恵と、自分の人生を展開してゆくことを確信とともに歩めるのです。

人生の舵を自身の手に取り戻すお役に立てることが、わたしの人生を通して手にした財産であり、お分けすることが生きる意味です。

ぜひ会いにいらしてください。

同時にわたしは、海外へ旅に出ることにより絶望を離脱しました。

いえ、正しくは、絶望こそわたしを希望ある日々へと送り出した救世主であり始まりの場所。

絶望という暗闇に覆われてこそ、自分の意思というわずかな光を頼ることができた。

その光は、次第に輝きを増し、今ではわたしの内側を照らし続けています。

海外を旅することを通じて、わたしは自分の意志の輝きを強めてきました。

海外を旅するという行為は、輝きを増す希望のエッセンスに溢れています。

人生を豊かに充足感と共に生きるエッセンスの宝庫だと、わたしは海外を旅することをそのように感じています。

今でも年に数回、必ず海外へ旅をしています。

行く度に、新たなアイディア、可能性を感じ、それを試したくてうずうずします。

そうして実際に人生は展開しています。

その旅に同行しませんか?

今回の行き先は、スリランカ

これまで全ての大陸、70カ国を旅しましたが、スリランカほど安心感の広がる国もそうはありません。

解放と癒し。

そしてピンク水晶の岩山、ローズクォーツマウンテンで滞在ができるまたとない機会でもあります。

ご自身の人生の新しい始まりとして、ご一緒できたら幸いです。

あと数名様お席があります。

わたしのことを知っていても知らなくても、どちらでも喜んでお迎えいたします。

共に一度の人生を大いに豊かに充足感と共に生きてまいりましょう。

そんな仲間に加わってくださったら、この上ない喜びです。

人生の、先など見えた試しはない。

人生とは、本来そういったもの。

だとしたら、その舵は自らが握るに限る。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

今日も最高な人生を!

スリランカ聖地と満月の大支援を受けながら願いの扉を開く旅。

↑一緒に行ける方、募集中です。

秋の深まりを迎え・・真にありたい生き方。

こんにちは。

イラムカラプテの大です。

11月に入り、安曇野は紅葉のピークを迎え、車で林道を走れば、その身を赤や黄色に染めた木の葉たちが目の前をひらひらとかすめてゆきます。

木々たちの頂点を視線でなぞれば、その先にアルプスが遠くにそびえ、今年初めての雪化粧を楽しんでいます。

続きを読む →

あなたの心は、今。なんて言っていますか?

こんにちは。

イラムカラプテの大です。

雨が続いています。

台風により被害を受けた方々。
そのご家族、ご友人。
そして今も復興に力を当ててくださっている方々に。
まず祈りを。

今年も秋が来ました。

秋が来ると、ここ安曇野は、静かな時間が増えてゆきます。

薪ストーブに炎が灯り、外の寒さと内の暖かさが振り幅をもって体の感覚を楽しませます。

続きを読む →

人としての尊厳と誇りを取り戻す。

こんにちは。

 

イラムカラプテの大です。

続いた雨で、緑たちがものすごく元氣なこの頃。

 

6月7月と2ヶ月に渡り、やまもとみつひろさん主催の由佐美加子(ゆさみかこ)さんのリトリートが開催されていました。

イラムカラプテは、リトリートの空間として参加者の皆さんを見守りながら、皆さんが今のご自身を認識しながら、

「本来輝いて生きたかったこと、あるがままで在りたかった事」

に氣がついてゆく瞬間を、幾つもいくつも見させていただいていました。

続きを読む →

やろうと思っていたのに、やっぱりやめてしまう時に読むブログ。

 

こんにちは^^

 

イラムカラプテの大です。

 

ここ安曇野イラムカラプテには、お一人様がよくいらっしゃいます。

東京からのバスがイラムカラプテ徒歩10分の場所まで乗せてきてくれるため、東京からの方が多い印象。

 

さりとて、東京からここ安曇野まで来るだけでも大層なことであり、さらにはお越しいただく方のほとんどが、「初めてきた」と言います。

 

イラムカラプテ・・。

 

その名を聞いたこともない方がきっとほとんどで、そういった場所に足を踏み入れるにはさも勇氣が必要なことかと個人的に思うのです。

続きを読む →

自分が素晴らしいと思いたくても、どこかしっくりこないあなたへ。

こんにちは^^

 

イラムカラプテの大です。

 

あなたが、すばらしい存在であること。

そして、あなたが心の奥で、「そんなわけない。わたしがすばらしいなんてどうせキレイごとだ」とその素晴らしさを否定し、拒絶していること。

どちらもが共存する。

 

自分のすばらしさを拒絶する分だけ、人生は鈍く渋い音を立て軋む。

 

全ての方がすばらしいこと。

そしてその素晴らしさを拒絶し否定する思いが、溶け出すことを願い綴ります。

続きを読む →

生きているという実感を、骨の髄から味わいたいという方へ。

こんにちは^^

 

イラムカラプテの山崎大です。

 

シャロムヒュッテよりコンセプトを更新し、新たな始まりを迎えています。

 

ゲストもスタッフも垣根を持たず、氣張らず構えず、そのまんまでお越しいただき、お迎えし、家族ちっくにご飯を囲んでの団欒・・。

 

朝は、鳥のさえずりと木漏れ陽で目を覚まし、草原を散歩・・。

 

そうして、ご自身を深く見つめる瞑想ワーク。

続きを読む →