魂で綴ろうと思う

魂で綴ろうと思う。

 

 

アメリカに、行ってきた。
今回は2週間の滞在。

 

ロサンゼルスとラスベガス。

 

どちらもかつて訪れたことがある街。

 

世界中を旅し、おそらく400を超える街を歩いた。

 

もう、どこに行きたいという思いはないと言えば嘘になるだろうか?

 

そう。

きっと、もういい。

勿論、世界中行き尽くした訳ではない。

 

それでももう、どこに行きたいと言う思いは湧いては来ない。

 

 

 

どこかに行きたい。

 

 

 

それは自己を満たすものであり、

言葉が適切であるかはわからないがマスターべーションの一種だと感じる。

 

世界一周しました。

 

キリマンジャロに登頂しました。

 

グランドキャニオンで野宿しました。

 

 

 

色々な場所で、色々な楽しみ方がある。

 

人の数だけ、自己を満たす方法はある。

 

 

 

 

強者にもなれば、誰とも違った方法をとる。

 

 

 

 

世界一周と言う旅も、本当に様々だ。

 

 

野宿だけの旅もあれば、豪華ホテルだけの旅もあるだろう。

 

 

その全てが、すばらしいと思う。

 

 

 

そして、どうだっていい。

 

 

 

どうだっていいのだ。

 

 

どれだけ違ったことをしようが、成し遂げようが、どうだっていい。

 

 

 

そのすべてを、讃えたいと思う。

 

 

 

同時に、そのすべてがどうでもいい。

 

 

 

人は、何を成し遂げたかではない。

 

 

どこに行ったかでもない。

 

 

今、どう在るか。

 

 

それだけだと感じる。

 

 

 

 

何を隠そう、僕は僕だ。

 

同時に、あなたはあなただ。

 

 

僕は、僕でしかなく。

 

 

あなたは、あなたでしかありえない。

 

 

 

 

 

 

この地球で。

 

何億人が、死んだだろう。

 

何億人が、生まれた?

 

 

繰り返しながら。

 

人は、人を紡いできた。

 

人は、命を紡ぎながら。

 

いのちの川として、流れ続けてきた。

 

 

 

流れは、

 

僕に到達し。

 

あなたに、到達した。

 

 

そして、氣がついた時には、人生という歩みが始まっていた。

 

留まることはなく、一瞬の休止もない、人生という名の歩み。

 

地球上でストーリーは流れ続け、生まれた時には途中参加だ。

 

 

 

訳も分からないまま。

 

 

ルールだけが脳に書き込まれていった。

 

学校から、社会から、あらゆる大人たちから。

 

 

書き込み完了となったあなたは、大人と呼ばれ、片手に競い合う性質を。

 

 

そして、もう一方には劣等意識を、手にしている。

 

 

 

 

 

 

わたしを、俺を、認めろ!!

 

 

劣等意識を入れ込まれたあなたは心のうちで、そう叫ぶ。

 

 

自分で、自分の価値がわからないから。

 

 

称賛の声を聞き、憧れの眼差しを浴びることで、自己を認めようとする。

 

 

 

その道は、どこまで行こうが、どこにも行き着くことはない。

 

 

 

 

誰とも違うことで。

 

誰もがしていない方法で。

 

それは、こだわりという姿。

 

それは、エスカレートする。

 

 

 

一方。

 

 

 

劣等意識を当然のことと思い込まされた脳は、従うようになる。

 

自ら考え、生み出すことを避け、受動的になってゆく。

 

 

 

 

 

 

どちらだとしても。

 

 

 

どこに、行こうとしている?

 

 

 

目的地は、どこだ?

 

 

 

 

他と比べ、競い合いの螺旋。

 

 

その仕組みが、巧妙にあなたを騙した。

 

 

 

 

 

情報は飛び交い、四六時中あなたを誘っている。

 

他と比べさせ、劣等意識、優越意識を掻き立てさせる。

 

 

 

 

 

もし、少しだけ時間をくれるなら。

 

 

瞳を、閉じてくれないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

この世界に、

 

生を受けて。

 

 

あなたは、あなたを体験してきた。

 

あなたの目に、広がる世界。

 

それは、あなたの瞳が捉えた世界。

 

 

誰と、空間を共にしても。

 

あなたは、あなただけのものを見てきた。

誰と、同じものを口にしても。

 

あなたは、あなただけの味を感じ、あなただけの感想を持った。

 

鼻を通る匂いも、皮膚に触れる感触も。

 

 

そこは、あなたの感覚が織りなす、あなただけの世界。

 

あなたの体験は、あなたの聖域。

 

 

「自分の感受性くらい、自分で守れ。」

 

誰かが、言った。

 

 

そう、感受性とは、あなただ。

 

あなたが、感じ、あなたが捉えた世界。

 

 

世界とは、決まってそこに在るのではない。

 

あなたが、捉えるから。

 

そこに、広がる。

 

 

それが、世界。

 

 

あなたには、あなたの世界が。

 

僕には、僕の世界がある。

 

 

どちらも、聖域だ。

 

 

誰も、口を出すことができない。

 

どんな権力も。

 

踏み込むことができない。

 

 

あなたが、感じてきたこと。

 

苦しみも、悲しみも、喜びも、感動も。

 

 

その全てが、あなただけに感じることのできた、たった一つの体験。

 

 

 

 

 

この地球が生まれ。

 

何億人が、死んだだろう。

 

 

何億人が、生まれ。

 

 

そして、これからもきっと。

 

何億人が、生を織りなす。

 

 

 

だとしても。

 

 

 

あなたの体験は今、ここにしか存在しえない、たったひとつの光。

 

 

あなたの人生は、光だ。

 

 

それが、どんなものであろうと。

 

 

唯一の形をとった、光。

 

 

 

誰が、どう言おうが。

 

 

 

社会が、どう洗脳しようが。

 

 

 

情報が、どのように誘おうが。

 

 

 

 

 

真実は、変わらない。

 

 

 

 

 

ロサンゼルスに、ラスベガス。

 

 

人間が、作り上げた世界。

 

人工的に光る、美しい街並みだった。

 

その後ろには、原子炉がある。

 

原子炉が支える、街の光。

 

 

人々は、巨大なビルに誘い込まれ、次々と飲み込まれ、吐き出されてゆく。

 

 

人間の営み。

 

 

科学を用い、原子炉まで生み出した。

 

そうして川は濁り、空氣は汚れた。

 

 

 

人間は、愚かなのか。

 

愚かなだけなのだろうか。

 

 

 

人間は、知らない。

 

 

 

大地を這う川。

 

それが、母の血管であることを知らない。

 

 

 

川が汚れることが、自らの血液が汚れることであることに思考が結びつかない。

 

 

 

空氣が汚れることも。

 

 

 

人間が作り上げた、原子炉の光。

 

人間は、今もそれに誘われている。

 

 

自然と原子炉。

 

それは、対極に位置する。

 

 

 

 

人は、もともと自然から生まれた。

 

 

 

 

自然であるがゆえに、違うものに魅了される。

 

科学に。

 

その最高傑作の原子炉に、魅了される。

 

 

 

このままで明らかなこと。

 

それは、人間は自滅してゆくということ。

 

 

 

科学を生み出し、魅了され、科学を使う人間。

 

お陰で、口にするものも、肌に塗るものも、身を洗うものも、着るものも、全て科学が入っている。

 

そして、大地は、川は、空氣は、汚れた。

 

 

自滅に向かう道。

 

 

氣がついた人たちは、自然と共にある暮らしを訴えている。

 

無農薬の野菜を、作ろうとしている。

 

原子炉に、反対している。

 

科学を着ることをやめ、麻や綿という古来からの生地を使ったものを着ている。

 

科学から離れ、昔ながらの暮らしを取り戻そうと動いている。

 

口にするものも、科学を避けている。

 

 

分かる。

 

 

そうしたい氣持ちは、よく、分かる。

 

 

 

 

 

 

でも、それはもう無理なのだ。

 

科学を極めた人間の世界。

 

そこはもう、科学で埋め尽くされている。

 

 

 

無農薬で農をしても、酸性雨が降る。

 

放射線を含んだ雨が降る。

 

街で呼吸をすれば、化学物質は肺に入る。

 

何かを口にして、科学を避けることは、もはや不可能。

 

 

 

科学を避けようとしても、逃げ場は、ない。

 

 

 

 

科学が極まった原子炉の時代。

 

 

 

 

 

どうしたら、いい?

 

 

 

 

 

ロサンゼルス。

 

屋外にあるプール。

 

二羽のカルガモがプールで泳いでいた。

 

 

プールからは、塩素の匂いがした。

 

 

毎日のように、カルガモはプールで泳いでいた。

 

 

 

 

 

自然界は、科学を許し、受け入れようとしているように見えた。

 

 

原子炉と、自然。

 

 

その両極を、共存させる。

 

 

 

原子炉と自然の融合。

 

 

 

科学を身にまとい、口にし、体内に入れても、解毒し、尚のこと力強く生きる。

 

 

そんな人間の姿。

 

 

古来からの伝統を重んじながら、最新の科学も利用して生きる姿。

 

 

 

それが、原子炉と自然の融合時代の姿。

 

 

そのために、人間には、知ることがたくさんある。

 

多くを学ぶ必要がある。

 

それでも、共存は可能であると信じる。

 

 

 

 

人間の持つ自然の浄化、断食。

 

人間の持つ能力を奥底から引き出すヨガ。

 

この世界の、自身の、真の姿を露わにする瞑想。

 

人間が古来より大切にしてきた、菌。

 

ハーブと呼ばれる植物たちが人間にくれる援助。

 

 

それらを動員することで、科学が極まった時代に、その全てを身に入れ、浴びながら、尚のこと力強く生きる。

 

 

 

新人類として。

 

 

 

科学の中で、自然の力を最大限に発揮し、力強く生きる。

 

 

それが可能であることを、感じる。

 

 

 

自然は、許していた。

 

 

塩素の水を飲み、泳ぐ、カルガモのように。

 

 

科学に、人間に、歩み寄っていた。

 

 

 

その全てを、愛と呼びたい。

 

 

愛とは、「あい」であり、藍だ。

 

 

 

インディゴ。

 

 

 

それは、早朝と、夕暮れに現れる。

 

 

 

昼と、夜が、混ざる時。

 

 

 

空は、インディゴに染まる。

 

 

 

光と、闇。

 

 

その対極が、融合している瞬間の、姿。

 

 

 

それが、インディゴ。

 

 

 

藍であり。

 

 

 

愛。

 

 

 

愛とは、対極を受け入れること。

 

 

 

愛とは、極を持たないこと。

 

 

 

無極。

 

 

 

全てを受け入れ、許す、その姿。

 

 

 

自然界は、今もなお、愛で応えている。

 

 

 

人間が、自然にどう応えてゆくのか。

 

 

 

人間が、科学にどう応えてゆくのか。

 

 

 

愛を持って、両極を獲る。

 

 

 

科学が満ちる世界で、自然の力を最大限に発揮し、新人類として生きる。

 

 

その方法を持つ一人として。

 

 

生き方を、提案させていただく。

 

 

 

まずは、3月17日〜19日に安曇野シャンティクティで開催する

「スピリチュアル断食合宿」

 

毎回満員御礼で開催される中、今回は空きがある。

 

毎回、内容を変化させ開催しているため、今回は今回のみの合宿。

 

タイミングの合う方、会場でお会いできたら。

 

 

 

石川県付近にお住いの方へ。

3月22日。

「バース・アースカフェ〜生まれたことを、地球を愛する時間〜」@石川 夢叶寺子屋

 

こちらも、お越しいただけたら最高にうれしい。

 

 

 

そして今後、科学の世界で新人類として力強く生き抜くために、

その技を、精神性をお伝えする完全個別セッションをコースとして提案させていただこうと思う。

 

体にフォーカスし、どんな状況でも解毒のできる体になる

「浄化法ナウリ修得コース」

 

 

精神にフォーカスし、自分を愛し、受け入れ、環境を問わずブレないわたしの場所。

「マインドフルネス修得コース」

 

 

これらを完全個人にフォーカスし、個性に合わせ修得を目指しサポートをさせていただく。

 

 

原子炉と自然の融合時代を生き抜く、新人類へ。

 

 

ピンときた方、お問い合わせください。

 

 

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *