「一体誰が、仕組んだというのだろう・・」

こんにちは。

 

山崎大です。

 

暑い日が続いております。

 

いかがお過ごしでしょう?

 

安曇野は、朝晩が涼しくひんやりと心地よいですが、日中は流石に堪えます。

 

まさに真夏の真っ只中です。

 

日中はセミがその生命の全てを捧げんばかりに、体の全てをかき鳴らし、夕暮れになればヒグラシの囀りがこだまします。

そんな夏の最中、シャロムヒュッテの敷地内に「てしごと雑貨komorebi」がオープンしました。

 

6年ほど前アフリカ、ナイロビを旅していました。

 

そこで出会った一人の女性、木村梓紗(きむらあずさ)さんがお店を切り盛りしています。

 

 

長い髪をコーンローに編み込み、自転車でテント生活しながら旅をしていた彼女。

 

すでに一年以上、バックパックを背負い旅していた僕にとっても、その姿は衝撃でした。

 

なぜ自転車?

 

まして女性が・・?

 

そこで生まれた疑問符は、後の彼女の生き方への好奇心へと変わっていきました。

 

アフリカを自転車で縦断し、そのままヨーロッパへ。

自転車旅を続け、南米はブラジルへ。
ブラジルの農場へ半年ほど住み込む・・。

 

 

「生きる」

 

そのことに体当たりで、肌で体験し続ける姿に励まされることが多くありました。

 

勇気が出なくなりそうな時、やっぱりやめようと思う時。

 

思い出す存在として。

 

 

 

アフリカを旅していた時の僕。

当時の僕が、今日のこの時をどうして予想することなどできただろう・・。

 

 

全ての出会いは、点で・・。

 

「じゃあ、またどこかで。」

 

そういいながらも、もう二度と会わないことを心のどこかが知っていて。

 

そんな風に、いくつもの出会いが目の前を通り過ぎ、「別れ」とその名を変えゆく時を、ただ見送ってきました。

 

 

出会いと別れ、その繰り返しの中・・。

 

また出会える人・・。

 

また繋がれる人・・。

 

偶然かのようで、必然を感じる再会・・。

 

 

ご縁。

 

 

その言葉を強く意識するようになった頃。

 

誰かが、仕組んだかのように点であった出会いたちが、集まり出すのでした。

 

 

点と点は、線となり、新しい物語を描き始めている。

 

きっとその絵描きの名こそ、魂と呼ぶのでしょう。

 

 

 

「どうせ、もう会うことなんてない」

そんな不貞腐れた投げやりの出会いは、その日から次第に消えてゆくのでした。

 

 

今日も、新しい出会いが僕の元に、運ばれてきます。

 

その出会いが、これからどんな線となり、物語を描いてゆくのか。

 

僕にはわかりません。

 

でもそれは、ただの点ではないことを、知っている。

 

その感覚は、ひとつの出会いをより濃密に味わう楽しみを預けてくれます。

 

 

 

木村梓紗さん。

 

アフリカでいただいたご縁が、今ここにひとつの物語を描こうとしています。

 

安曇野にお越しの際は、ぜひシャロムヒュッテ「てしごと雑貨komorebi」へ^^

 

「生きる」

 

身をぶつけながら、肌で体験してきた存在のセレクトしたアイテムたち。

そして彼女自身が旅する中、手仕事として身につけてきた「マクラメ」のアクセサリーが並びます。

ただお話をするだけでも。

きっと心地よい時間になる空間です。

安曇野に遊びにいらしていただける際には、是非お立ち寄りください^^
**
イベント情報
**

ガングドラム奏者「kentro」ソロライブ@シャロムヒュッテ 8月10日 18:00〜
↑絶賛参加者集まり中です^^

 

11期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ 8月28日(火)〜8月30日(木)
↑全国各地より、ご応募お待ちしています^^

馬頭琴&ホーミーLIVE@シャロムヒュッテ 8月31日(金)17:00〜
↑こちらも集まってきています^^

**

 

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
56Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *