生きているという実感を、骨の髄から味わいたいという方へ。

こんにちは^^

 

イラムカラプテの山崎大です。

 

シャロムヒュッテよりコンセプトを更新し、新たな始まりを迎えています。

 

ゲストもスタッフも垣根を持たず、氣張らず構えず、そのまんまでお越しいただき、お迎えし、家族ちっくにご飯を囲んでの団欒・・。

 

朝は、鳥のさえずりと木漏れ陽で目を覚まし、草原を散歩・・。

 

そうして、ご自身を深く見つめる瞑想ワーク。

 

とてもとても大切な時間を、みなさんと伴に過ごしていると感じる日々です。

 

 

 

イラムカラプテが生み出すこの時間がクリエイションされてきた過程には、いろいろな自問自答がありました。

 

 

中でも大切な問いは。

「今、この時代、本当に必要なものは何だろう・・?」というものでした。

 

自らの全人生に、その問いを投げ入れた時に、奥底にぽちゃんと入って。

 

しばらくしてから、浮かんできた答え。

 

それは、
「生きている、という実感」を骨の髄から味わいたい。
という感覚でした。

 

 

 

こちらをお読みくださるあなたへ。

 

本当に欲しいものは?

と聞かれ、何と応えますか?

 

 

 

少なくともわたしは、物(物質)が欲しいわけではありませんでした。

 

お金は、と問われれば、いりますと答えます。

 

 

でも、本当に欲しいものは、まさに今「生きているという実感」であり、「自分は生きる価値がある」んだという内なる確信であり、更に言えば、そのことを「多くの方々をともに喜び合いたい」のでした。

 

 

そう、いのちの祝い合い。

 

生きる実感と、自身の価値の確信と、そのことを喜び合いたいのでした。

 

 

自身を深く見つめるワークや、リトリート。

本当の自分と出会う。

瞑想。

 

そんなキーワードに触れることが多くなった昨今。

 

 

まさに。

 

 

自身を深く見つめて行った先に、今までも輝き続けてきた本来の自分がいる。

本来の自分に還りゆく道は、まさっらな自分の本当の人生を選択する道。

自身が自らの人生の完全なクリエイターになった時、「生きている実感」がない訳がない。

 

 

生きている実感。

自分の価値への内なる信頼。

自分を深く知る。

 

 

そんなキーワードに深いところで反応する方へ。

 

 

イラムカラプテが、そのコンセプトの核を担わせるリトリート。

 

「スピリチュアル断食リトリート」

 

ご一緒できたら、お求めのものを実体験していただけると感じています。

 

 

そしてどうか、断食に関しては、重く捉えすぎないでください。

 

人は数日食べなくても死にません。

死ぬどころか、生き返ります。

 

断食の言葉での説明は、如何様にもできますが、体験こそすべてです。

 

人は、食べないことの方が、食べることよりも、もともとずっと慣れています。

 

そうして、命というものは、そんなに弱くできていません。

 

アスファルトを破り顔を出す新芽の如き力が、どなたにも宿っています。

 

 

そうして、このリトリートの目的は、断食をすることにあらず。

 

断食は、五感をはじめとする感覚を鋭敏にさせます。

その状態で、自己の内側にアクセスしてゆく。

 

そのための橋渡しとしての立ち位置の断食。

 

あくまでも目的は、こころの大掃除であり、感情のクリアリングであり、本来の輝くご自身との対面です。

 

本当のわたし達は、比べ合う存在ではなく、喜び合う存在。

 

そこから始まる人生は、生きている実感と共にあります。

 

初めての方は、どうか安心していらしてください。

 

2度目3度目の方は、さらに深いクリアリングと、本来のご自身を確かめに。

 

イラムカラプテと名を変え新しくなったステージで、以前のスピリチュアル断食合宿を脱ぎ捨てて、お待ちしています。

 

スピリチュアル断食リトリート 2019年 5月24日〜26日

わたしたち山崎夫婦が、みなさんをお迎えいたします。
わたしたち山崎夫婦が、みなさんをお迎えいたします。

*2019年 スピリチュアル断食リトリート スケジュール

第2回:7月26日(金)〜7月28日(日)

第3回:9月20日(金)〜9月22日(日)

第4回:10月18日(金)〜10月20日(日)

第5回:11月15日(金)〜11月17日(日)

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *