ヨガ・瞑想クラス、神様カフェ、合宿、そして、アメリカへ。

 

 

突然のこと。

 

僕は、今日、アメリカへ発つ。

 

 

こうなることは、僕に見えていたのだろうか。

 

 

人生の歯車が、回っている。

 

 

人との出会いが、人生を紡いでゆく。

 

そう、ある人と出会った。

 

 

直感した。

 

この人から、学びたい。

ヨガも瞑想も、もう一つ先へ行ける。

 

そう直感した。

 

 

目の前に、成長のチャンスが、来ていた。

 

 

そして、それは、すごい速さで駆け抜けてゆく種類のものであることも感じていた。

 

 

これを逃したら、次はきっとない。

 

そんな何かを、感じた。

 

 

場所は、アメリカ。

 

時間は、何とか工面できそうだった。

 

提示された金額は、今僕が動かせる最大のものと同じだった。

 

 

以前の僕なら、見送ったかもしれない。

 

そうか、今回はこれを差し出す必要があったか。

 

そう思った。

 

 

 

 

 

世界中、70の国々を旅した。

 

それは、生き方を探す旅だった。

 

人間として、生を受けた。

その訳を。

 

幸せを実現してゆくその道を、世界中の人たちの生き方から、導き出そうと旅をした。

 

 

地球上で。

人々は、どんな地でも営み、生の灯火を保っていた。

 

世界中を旅し、切って切り離せなかったものが、何を隠そうお金だった。

 

どこに行っても、お金は紙でできており、人々は大切そうにしていた。

お金を得るために、労働していた。

 

先進国と呼ばれるヨーロッパ各国にも。

 

後進国と呼ばれるアフリカ各国にも。

 

お金は染み渡り、人々は息苦しそうに見えた。

 

お金の仕組みで、人々は縛られているようだった。

 

どの国でも、その支配は細部まで浸透しているように僕には映った。

 

 

この支配を、どうにか越えてゆきたい。

 

そう感じたことを、覚えている。

 

 

誤解を避けるために伝えると、僕はお金が悪いものだとは思っていない。

 

今現代を語る時に切り離すことのできない、重要なツールであり、エネルギーの一つの表れだと感じている。

 

 

それが今、支配体制に使われているに過ぎない。

 

 

お金がないと、食べ物が買えない。

 

そんな思い込みが、人を不自由にしている。

お金が、人と人の間に流れる愛情や優しさより力を持とうとしていること、それを許してしまうように、お金よりも優しさや愛情が弱っていることに、問題があるのだ。

 

お金そのものには、罪などなく、人の営みをより豊かにしてくれるツール。

 

 

 

それは、人と人の間を循環する、エネルギー。

 

人を助け、感動を生み、その対価となる、お金。

 

 

感動を分かち合う自分でありさえすれば、お金に困ることはないだろう。

 

そう、理解している。

 

そうわかりながらも。

 

 

 

全て差し出すとなった時、やはり覚悟が必要だった。

 

 

もう一つ先へ進めるという直感が、持っているお金の全てを差し出していた。

 

 

ヨガと瞑想のクラスを開いていた。

 

神様カフェと名付け、本心を語れる場を仲間と作っていた。

 

シャロムヒュッテという母船と出会い、本来の自分に還ることを目指す断食合宿をチームで主催した。

 

 

生まれたお金というエネルギー。

 

 

僕は、勤め人ではない。

 

毎月決まった給料といったものは、無い。

 

 

僕が手にしているお金は、顔のわかる人が手渡しで、渡してくれたエネルギー。

 

ドネイションという、それぞれに値段を決めていただくスタイルも導入していた。

 

多くを入れてくれた方々。

 

それは、僕に対する投資。

期待の表れであると、受け取らせていただいている。

 

正直、こういったいただき方をすると、もう、下手な使い方はできない。

 

どう使うかが、いつも大切だと感じていた。

 

 

その全てを、差し出す時。

 

 

お一人おひとりの顔が浮かんだ。

 

 

 

瞑想CDを買ってくれた方。

 

ヨガクラスに通ってくれる方。

 

合宿に参加してくれた方。

 

ドネイションに想いを乗せてくれた方。

 

お釣りはいらないからと余分に渡してくれた方もいた。

 

今後に期待してと、多めに払ってくれる方もいた。

 

 

 

 

お顔が浮かぶ。

 

 

 

 

ありがたい。

 

 

 

 

おかげさまです。

 

 

 

 

僕はこうして、また学ぶことができる。

 

 

 

アメリカへ、渡ることができる。

 

 

 

皆が、僕を押し上げてくれている。

 

 

 

ここで僕は、また変わってゆく。

 

 

 

行き着く先は、感動の場所。

 

 

 

この世界に生まれた、使命へと向かう。

 

 

 

もう、他のことで生きるのは、飽きたのだ。

 

 

 

僕を支えてくれる、方々。

 

 

 

これから出会うであろう、方々。

 

 

 

皆と、感動を生んでゆく。

 

 

 

天に、この命を使っていただく。

 

 

 

天命を、生きよう。

 

 

 

この旅は、天命へとつづく。

 

 

 

いつも旅が、僕を導いた。

 

 

 

その確信とともに。

 

 

 

いって来ます。

 

 

 

また、元氣な姿でお会いできること、心より楽しみにしています。

 

魂を震わせ、共に、感動しましょう。

 

☆帰国後すぐのイベント。3月17〜19日

スピリチュアル断食合宿「わたしを見つけ、わたしを生きる」@シャンティクティ

 

 

お申し込みフォーム

 

 

☆石川県近郊にお住いの方へ。3月22日

「バースアースカフェ」@石川 夢叶寺子屋

 

 

お会いできること、楽しみにしております。

 

 

山崎大

 

 

 

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *