2018年、「スピリチュアル断食合宿」の誘い

みなさま、こんにちは^^

 

シャロムヒュッテの山崎大です。

 

多くの方々より、今期のスピリチュアル断食合宿について、お問い合わせをいただくことが増えて来ました。

 

今年も、シャロムヒュッテにおいて開催予定です。

 

みなさま、どうぞよろしくお願いします。

 

合宿では、何をするの?

 

合宿は、2泊3日の断食をベースとし、様々なワークを行います。

スピリチュアル断食合宿には、日本各地から様々な方がお越しくださいます。

ほとんどの方が、お一人でのご参加となりますので、アイスブレイクから始めてまいります。

 

2日目には「地球喫茶~Earth Cafe~」というワークタイムがあり、それぞれの人生での体験に紛れなく価値があったことを深いところで理解し、涙を流される方も多くいらっしゃいます。

 

 

通常の断食道場や、合宿と大きく違うのは、「こころの浄化」も体の浄化とともに行うところ。

 

断食により、冴えてくる五感を利用し、自身の深いところを見つめてゆく瞑想も行います。

 

断食後は、こちらでご用意した回復食を摂りながら、体が喜びに満ちてゆく感覚を感じていただけることと感じています。

 

 

 

宿便を出すことは断食合宿の「おまけ」でありますが、毎回7〜8割の方が宿便を排泄し、スッキリされたお顔を見せてくれます。

 

 

 

断食に興味があるけれど、なぜ今話題になっているの?

 

断食は、かつてより健康法をしてその位置を確かなものとしてきましたが、今なおのこと注目されています。

 

同時に1日一食で健康になれるといった「少食」も注目されています。

 

ビートたけしさん、たもりさん、ガクトさんといったテレビでご活躍の方々も1日一食の生活をされているようです。

 

ガクトさんがある時「1日3食摂らなければいけないのは思い込み。完全に、過食。」とおっしゃっていたそうですが、現代の体調不良の多くは「過食」から来ていることがわかって来ています。

 

 

 

日本人の死因の一位として、「癌」という病気があります。

 

統計では、日本人の2人に1人は癌になるとのことです・・。50%です。

 

「癌」文字を紐解けば、「やまいだれ」の中に「口」が3つ、そして「山」・・。

 

山のように食べることでの病・・と言えるのかもしれません。

 

都会を歩けば飲食店が立ち並び、コンビニに入れば製品化された食品の数々・・。

それらを口に入れ続ければ、いずれ体はどこかに支障をきたすことになるのでしょう・・。

 

 

 

 

人間の体・・。

 

 

それは、日々の食べ物から出来上がるのでしょう・・。

 

 

人間の体を作る食べ物・・。

 

 

野菜と呼ばれるそれは、土から芽を出した植物。

 

 

肉は文字通り、野山をかける動物たちの肉体。

 

 

水・・。

 

 

それは、大地を這う川であり、地球をブルーに見せる海。

 

塩も、海そのもの・・。

 

人間の体は、本来100%自然から成りたち・・。

 

 

そして、人間という存在。

 

クロマニョン人や原人たちから進化して来たのでしょうか・・。

 

 

そうだとしたら、人間の遺伝子はきっと1日3食のスタイルに合ってはいないのでしょう。

 

 

マンモスを追いかけていた原人たちは、空腹でいた期間がとても長かったといいます。

 

 

やっとありつけた食事を大切に頬張っていたDNAは、わたしたちの肉体にも流れていて・・。

 

だとしたら、数万年の人類の歴史は、空腹により適応しやすく、過食には適応できるようにできていない。

 

過食の時代は、人類数万年の歴史のうち、数十年の短いもの。

 

近代は飽食の時代を迎え、同時に病気が比例し増えて来ているといわれています。

 

「断食は、太古のDNAを目覚めさせる。」

 

そんな研究データも出て来始めています。

 

 

 

 

アフリカに行った時、野生のライオンやチーターを見る機会がありました。

 

しなやかで無駄のない肉体・・。

 

美しい・・。そう感じたことを覚えています。

 

 

 

彼らには、肥満や病気はないといいます。

 

彼らには、決まった時間に食事をするような習慣はなく。

もちろん1日3食でもなく・・。

 

彼らは、空腹時に狩をしているようでした。

 

それは、きっと生き物の本来の姿。

 

 

現代の人間・・。

 

野生のチーターと現代の人間は、対極にあるようでした。

 

 

ただ、今更古代人のように狩をして、一週間に一回の食事を摂ろう、そんな提案は現実離れしすぎています。

 

お菓子、ケーキの類も、喜びの時間を作り出すことができる人類文化が生み出した傑作の一つ。

 

それらを食べることは、悪いことじゃないはずです。

 

それに、どうせ食べるのであれば罪悪感とは無縁に、喜びと伴に、食べることを選択したいもの。

 

けれども、食べ続けた先には、おそらく病気という副産物が待っているのでしょう。

 

 

選択・・。

 

 

実際には、この世界は何をしてもよいのでしょう。

 

伴う結果が必ず訪れ、それを引き受けることさえできるなら。

 

 

それならば、選択肢は持っていた方が良いと感じます。

 

 

断食という選択肢。

 

 

飽食の現代に、「切り札となりうる選択肢」として。

 

 

今こそ、断食が求められているのは、きっとこのような背景があると感じています。

 

 

日々の食べるものを制限されることは、ストレスです。

 

誰だって、食べたいものを食べたいと感じるものです。

 

我慢し、制限しても、いずれはきっと張り詰めてしまうでしょう。

 

 

ケーキを頬張ってもよいのです。

 

化学物質を過敏に避けることもしなくてもよいのでしょう・・。

 

解毒浄化する選択肢を時々使うことで、自身を快方に導くことさえできれば。

 

 

 

シャロムヒュッテの行なっている「スピリチュアル断食合宿」では、無理なく本来それぞれが真にありたい姿へと還ってゆくお手伝いをさせていただいています。

 

体の浄化は、断食で。

 

心の浄化は、オリジナルで仕上がる「地球喫茶〜Earth Cafe〜」において。

内容は、来ていただいた方のみ知ることができるお楽しみとして。

 

 

合宿後、初めて集ったはずのみなさまが、本当に仲睦まじくお話ししている光景を見ることが開催者としての喜びです。

 

お一人での参加はご不安もおありと感じます。

 

でもどうか、ご安心ください。

 

きっと、すっきりとした本来の笑顔と伴にお帰りいただけることと信じています。

 

あなたの訪れを、喜びと伴にお迎えいたします。

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 

**

 

8期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ

↑お申し込みフォーム

毎回、満員御礼で開催しております。
気になっていらっしゃる方は、どうぞお早めにお申し込みください。

 

**

 

 

2018年の断食リトリート予定

 

4月24、25、26日(火水木)8期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ

 

5月18、19、20日(金土日)「はるの断食リトリート」女神たちの引きこもり

 

6月8、9、10日(金土日)9期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ

 

7月7、8、9日(金土日)「はるの断食リトリート」女神たちの引きこもり

 

8月28、29、30日(火水木)10期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ

 

9月28、29、30日(金土日)「はるの断食リトリート」女神たちの引きこもり

 

10月19、20、21(金土日)11期「スピリチュアル断食合宿」@シャロムヒュッテ

 

11月9、10、11日(金土日)「はるの断食リトリート」女神たちの引きこもり

 

12月1日(土)断食リトリート同窓会。

**
5月7月9月11月は、「島崎はる」さんによる断食リトリート「女神たちの引きこもり」を開催いたします。

女性限定、自身に丁寧に向き合いながら女性としての誇り、そして自身を取り戻すためのリトリート。

最高の時間を過ごしていただけたら。

島崎はるさんをファシリテーターとして迎え、これから多くの女性たちが本来の輝きを発揮してゆくことをシャロムヒュッテは応援しています。

**

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *