こころの内を、言葉に置き換えてみる。

いったい何が、確かなものだというのだろう?

 

この世界で確かなものなど、ない。

 

すべてが、揺らいでいる。

 

今も、この瞬間も、この瞬間に・・。

量子物理学が、突き止めた。

 

この世界は、光が生み出したゆらぎの世界。

 

光のゆらぎが、映像を生み、光のゆらぎが、あなたに物体を触らせて、あなたは、「確かに触った」と感じている。

 

光のゆらぎが、あなたにそう感じさせている。

 

ここは、光のゆらぎがこしらえた、光のゆらぎが感じさせる、体験の世界。

 

あなたは、学ぶために生まれてきた。

 

生まれるという方法で、世界に出現してきた。

 

学ぶために。

 

体験して、学ぶために・・。

 

なにを?

 

それは、愛という仕組み。

 

調和するという仕組み。

 

受け入れてゆくという、過程そのものを。

 

愛とは、混ざってゆくということ。

 

愛とは、調和に向かう、その過程。

 

受け入れてゆく、その瞬間の、行為。

 

自然界という、この宇宙。

 

愛というただ一つの法則で、回る。

 

すべてが、調和し、混ざり溶け、繰り返しながら、続く。

 

 

人間として、生まれ出たあなた。

 

愛を、学ぶため。

 

愛を、体験するため。

 

ここに、出てきた。

 

あなたは、犯すことを許されている。

 

破壊を、許されている。

 

憎しみを生み、汚し、調和とは別の方向に力を使うことを、許されている。

 

すべてが調和し、混ざり溶けゆく世界で。

破壊を許された。

 

あなたは、破壊をしてみたい。

 

憎しみを生み、体験してみたい。

 

生まれ出る悲しみも、不調和も、別れも・・。

 

あなたは、体験してゆく。

 

宇宙のリズムを破壊し、リズムの外に飛び出してゆく。

 

体験しながら、リアルに愛を、この世界を動かしめる法則を体感してゆく。

 

すべては、宇宙を動かしめる愛を体験し、学ぶため。

 

あなたは奥底で、狂ってみたい。

 

あなたは奥底で、破壊してみたい。

 

だからあなたは、狂うのがいい。

 

破壊するのがいい。

 

 

そうすることで、宇宙を動かす愛に出会ってみたい。

 

そう。

 

だから。

 

人間の作り上げた社会は、狂っている。

 

狂っていて、いい。

 

人間の狂気に溢れ、破壊で満ち、それを包み込む大自然の愛で仕上がる。

 

それが愛の学び家、地球の姿・・。

 

 

人間が愛を体験し学ぶ以上、破壊は続く。

 

破壊を受け入れ、混ぜ溶かし、続いてゆく自然界・・。

 

その法則が宇宙を、刺し貫いている。

 

人間の破壊も、調和とは別に向かう力も・・。

 

すべては、愛を体験し、愛となり大調和へと向かう道。

 

人間はうつくしい。

 

破壊する人間も、憎しみを撒き散らす人間も・・。

 

愛を体験するため、調和へと向かい進んでいる。

 

身を切り、命を使い、体験をする道を進んでいる。

 

 

今、瀬戸際の時代・・。

 

 

加速した破壊行為、ここ数十年で地球の破壊は急速に進んだ。

 

ざっと10年で以前の1000年分は汚し破壊した。

 

間に合わない、今までの地球の調和の作用では。

 

いいや、間に合う。

 

破壊と同じだけの反作用を用いての、大浄化を使うなら。

 

ノアの箱舟・・。

 

アトランティスの大陸沈没・・。

 

教えられて、いない。

 

教えられていないものは、ない?

 

僕たちは、ヒヨコと一緒だ。

 

はじめに教わったものを、正しいと信じ込む。

 

はじめに見た成鳥を、親鳥だと思い込む。

 

すべては、思い込み。

 

 

ノアの箱舟の神話・・。

 

本当かどうかは知らない。

 

ただ、学校で教わってきた歴史よりは、信憑性が高い。

 

 

科学が極まってきた。

 

同時に破壊行為も。

 

 

科学は、悪ではない。

 

善でもない。

 

道具だ。

 

 

どう使うのか、どんなこころが使うのか?

 

そこに、全てが宿る。

 

人間よ。

 

僕自身を含め、どうか賢くあれ。

 

もう飽きているのなら、そこに時間を、命を費やすな。

 

人生は、何度でもあるが、あなたとして生きることができるのは、やはり今の一瞬であることは間違い無いのだ。

 

さあ、どう生きるのだ?

 

さあ、どう命を使う?

 

問われる時代が、到来している。

 

 

 

最後かもしれないと思ったときがある。

ありがたくも、そう思わせただけでその体験は僕を逃した。

 

それから、生きる意味を探すため、多くの本を読んだ。

中の一冊に、「最後を迎える人が思うこと」を集めた本があった。

「もっと、挑戦しておけばよかった」

「もっと、冒険しておくのだった」

「あんなに働くんじゃなかった。」

「ありがとうを、ごめんねを素直に伝えればよかった。」

そんな言葉で、溢れていた。

誰もが知っている。

 

 

 

本当のこころで生きることが、「生きる」ということなのだと!

 

 

 

でも、こころには鎖が。

 

思い込みの鎖。

 

じわじわと長年かけてこしらえてきた鎖。

 

課しているのは、自分自身。

 

剥がし、落としさるのも自分自身。

 

その道は、自身を見つめる瞑想、内観の道。

どんな思い込みの鎖を課しているのかを見つめる行為となる。

 

それから、常識を打ち破る出来事を実体験すること。

体験は、こころに揺さぶりをかけ、鎖は剥がれ落ちる。

 

 

僕は、この世界でどう生きよう?

 

そう問うたとき、
「少しでも、こころ生きたいと思っている人の役に立つ」
ことをしたかった。

その思いから、ヨガや瞑想のクラスを続けている。

来ていただく方々が、すこしずつ変化して素敵な笑顔を見せてくれることが、喜び。

その変化の過程を見させていただくことで、深い学びを体験させていただけていることにも、とても感謝。

 

だた、もっと強烈な実体験の世界にお連れできたら。

そんな思いも奥にある。

 

その想いから生まれ出たのが、

「わたしに還る旅・India」

 

強烈体験となるインドを、ご一緒できたら。

今年の12月27日から来年の1月5日にかけて。

少しずつ、ご登録をいただき始めました。

ご一緒できます方、どうぞよろしくお願いします。

「わたしに還る旅・India」お申し込みフォーム

 

今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 この記事をシェアする。  Share on Facebook
Facebook
0Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
0Email this to someone
email

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード:数式を完成させて下さい。 *